低体温だと太りやすいです

1日の摂取カロリーを巧みに減らす置き換えダイエットと言うのがあります。

豆乳クッキーやダイエットドリンクが有名ですが、これとは逆で段々と脂肪を燃焼しやすくして痩せる方法があります。

その方法は体温を上昇させて痩せる方法です。

体温と言うのは、平熱だと36℃前後だと言われています。

この体温がたった1℃上がると風邪を引いたと騒ぎますよね。

実際、風邪をひくと体がほてって汗をかきますし、まともに食事が通らなくなったと言う経験の方は多いかと思います。

そして、風邪を引いた翌日って1・2kgほど減量しませんでしたか?
私は夏風邪で3日ほど寝たきりの事がありましたが、体重が3kgも減って驚いた事があります。

また、体温と消費カロリーの関係を簡単に説明すると、体温が高い方がカロリー消費量が上がります。

具体的な例を挙げますと、体温が36℃ある人と36.5℃の人とでは、1日の消費カロリー量に300kcalほども差があります。

なので、風邪の時はあれほど体重が減るわけです。

しかし、だからと言って風邪を意図的にひき続けるわけにはいきませんよね。

なので、体温を0.1℃でもいいのであげるのが、今回のダイエットの狙いです。

方法としてはウォーキングで結構です。

ウォーキングを続けると新陳代謝が向上しますし、基礎代謝も向上しますので続ければ続けた分だけ体温も上昇しますし、簡単に続けられるので誰にでも行える優良なダイエット運動です。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫